Outlook2013でExchangeキャッシュモードを強制

ExchangeとOutlookを使用している環境によっては、キャッシュモード
もしくはオンラインモードをユーザーに対して強制したい場合があります。

  • オンラインモード:
    直接Exchangeのメールボックスデータをクライアントのメモリに読み込んで表示される。
  • キャッシュモード:
    クライアントローカルのOSTファイルにデータがキャッシュされ、サーバーのメールボックス情報は逐次OSTファイルに対して同期される。ユーザーはOSTファイルのメールを表示・編集する。

設定を矯正する場合は、グループポリシーもしくはレジストリで実現可能です。

  • グループポリシーの場合
    ユーザーの構成 > ポリシー > 管理用テンプレート > Microsoft Outlook 2013
    > アカウントの設定 > Exchange > Exchangeキャッシュモード

    「新規および既存のOutlookプロファイルでExchangeキャッシュモードを使用する」
    有効 >> 適用されたクライアントにキャッシュモードを強制
    無効 >> 適用されたクライアントにオンラインモードを強制

  • レジストリの場合
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\15.0\Outlook\Cached Mode

    値の名前:Enable
    値の種類:REG_DWORD
    値のデータ:(1:キャッシュモードが強制、0:オンラインモードが強制)

グループポリシーの場合は、適用されるとアカウント設定の「Exchange キャッシュモードを使う」がグレーアウトされ、ユーザーではモードの変更ができませんので強制が可能です。
レジストリの場合は、適用されてもグレーアウトされません。初期設定は強制されますが、Outlook起動後はユーザーの手で変更することも可能です。

なお、ローカルに保存されたOSTファイルはモードを強制的に切り替えただけでは削除されません。使用しているOutlookプロファイルに紐付いて削除される形です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です