パフォーマンスモニタのログを変換

パフォーマンスモニタでログを取得する場合、よく使用するのがバイナリ形式とCSV形式です。
それぞれにメリットがあるのですが、1つのサーバーに対して両方取得するのは負荷の面からも懸念されます。

このような場合、Windows標準のコマンド「relog」を使用してログ形式の変換が可能です。

【バイナリ形式 > CSV形式】
relog Source.blg -o Destination.csv -f CSV

【CSV形式 > バイナリ形式】
relog Source.csv -o Destination.blg -f BIN

-oの後に、出力先ファイルパスを記載します。
-fの後に、出力するファイル形式を記載します。(CSV|TSV|BIN|SQL)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です